加佐登神社


加佐登神社の地図情報☜

加佐登神社について

神社の裏に日本武尊の墓といわれる白鳥塚古墳がある。 境内はムラサキツツジに彩られる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒513-0003 
三重県鈴鹿市加佐登町2012

電話番号

059-378-0951

交通アクセス

(1)近鉄平田町駅から15分(加佐登神社下車 徒歩5分)

(2)JR加佐登駅から徒歩で15分

基本情報を見る

加佐登神社は、和歌山県加佐駒郡久米島町にある神社です。その歴史は古く、室町時代におよそ400年前に創建されたとされています。現在は、江戸時代後期に建立された五重塔を中心とした総合神社となっています。

加佐登神社は、久米島町を特に保護しているとされています。五重塔の上にある金色の彫刻は、久米島の象徴となっており、毎年4月に行われる神事では、神様と神様が久米島を守るようにとお祈りが捧げられます。

加佐登神社は毎年多くの観光客で賑わいます。夏祭りは8月15日に行われ、祭神を祀った神輿押しが行われます。また、毎年9月には「ゆきまつり」が開催され、多くの観光客が訪れます。

加佐登神社は、多くの神社の中でも特に美しい神社です。巨大な五重塔は、近くの山々を望む絶景を見せてくれます。また、神社の周りには、桜や椿、竹など、豊かな自然が広がり、訪れる人々の心を和ませてくれます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。