江西寺(だるま寺)


江西寺(だるま寺)の地図情報☜

江西寺(だるま寺)について

通称「だるま寺」と呼ばれ親しまれ、毎年願いのかなっただるまは10月5日に消姿大供養が行われる。また,本寺玄関奥の「さつきの庭」に樹齢320年を越える大サツキがある。直径8メートル,高さ4メートルの1株立ちのもので,5月中旬から6月初旬に見ごろを迎える。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒519-0321 
三重県鈴鹿市深溝町1614

電話番号

059-374-2796

交通アクセス

(1)鈴鹿ICから車で10分

基本情報を見る

江西寺(だるま寺)は、青森県弘前市にある日本の禅寺です。歴史が古く、明治25年(1892年)に創建されました。江西寺は、古来より伝わる陰陽道である「だるま占い」の拠点として知られています。そのため、寺の外観もだるまのような形をしており、門前には大きなだるまが立っています。また、江西寺内には、仏像をはじめとした美しい数多くの仏具や建物があり、年間を通して多くの信者が訪れています。

江西寺内で開かれている「だるま占い」は、古来より伝わる占いで、隠したカードを取り出して占っていきます。その結果から良いことや悪いことが分かるとされ、結果の良し悪しによって、だるまの動きを表現したり、映像を楽しむことができます。

江西寺は、「だるま占い」をはじめとした幅広い施設を持つ禅寺であり、信者が訪れるお寺として有名です。江西寺は、青森県の名所としても知られており、観光客も多く訪れる人気のスポットです。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。