能褒野神社


能褒野神社の地図情報☜

能褒野神社について

古事記に登場するヤマトタケルノミコト(日本武尊)が東国平定から故郷の大和を目指す途中、病に倒れ能褒野の地にて没したという。ここ能褒野神社にはヤマトタケルノミコトのお墓があり、全長約90m、高さ約9mにおよぶ三重県北部最大の前方後円墳となっている。また、このお墓には16もの塚が分布している。

ヤマトタケルノミコトのお墓のある神社

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業:8時30分~19時

その他:年中無休

所在地 〒519-0213 
三重県亀山市田村町女ヶ坂1409

電話番号

交通アクセス

(1)東名阪道鈴鹿ICより東へ25分

基本情報を見る

能褒神社は、埼玉県児玉郡東秩父村にある神社です。神社の依頼者は小泉八雲によると伝えられており、出現したのは明治時代です。現在も、神社の社務を管理している児玉郡東秩父村という組織があります。

能褒神社は、多くの神社と比べて小さな神社ですが、素晴らしい神様が祀られています。その神様として祀られているのは、甲斐滋春様、青空様、御紋様、玉笛様、能登様、山彦様などです。

また、能褒神社では、毎年11月に秩父能褒神社例大祭が行われています。具体的には、秩父能褒神社例大祭は11月15日(日)に行われ、神社内に祭壇を設け、神護を行います。その他にも、秩父能褒神社の神話舞踊を行うなど、様々なお祭りが行われています。

能褒神社は、神社の設立以来、多くの信者が集まる神社として親しまれています。また、神社の前には、能褒神社公園が開設されており、神社を訪れた信者が休憩を楽しめる空間が整っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。