荒神山観音寺


荒神山観音寺の地図情報☜

荒神山観音寺について

「荒神山の暄嘩」で有名な,真言宗の荒神山観音寺。
4月の春祭では,火渡りが行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒513-0011 
三重県鈴鹿市高塚町1777

電話番号

059-379-0331

交通アクセス

(1)近鉄平田町から20分(荒神山口下車 徒歩5分 または 荒神山・フラワーパーク下車 徒歩0分 ※両方のバス停に停まる便がありません)

基本情報を見る

荒神山観音寺は、西元564年に創建された国宝級の寺院である。その築山の荒神山は、初期には荒々しい景色が広がっていたものの、中世以降、賢者たちが指導していくおかげで、現在は草木が茂り、静かな聖山となっている。

荒神山観音寺は、創建当初から多くの信者が訪れ、参拝をしている。その中でも、有名な観光スポットとして有名なのが、寺内の廟宇である観音堂である。観音堂は、荒神山の山頂に位置しており、多くの観光客で賑わう場所となっている。また、観音堂の周りには、菩提樹や仏像が配置されており、荒神山の仏教的な風景を楽しむことができる。

荒神山観音寺は、現在も多くの信者が訪れ、参拝をしている。その中でも、観音堂を中心とした廟宇の数々は、多くの観光客を魅了している。また、荒神山の素晴らしい景色を堪能することもできるので、訪れる価値があると言えるだろう。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。