西来寺


西来寺の地図情報☜

西来寺について

天台真盛宗の別格本山,寺宝が多い。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒514-0016 
三重県津市乙部6-14

電話番号

交通アクセス

(1)津駅からバスで10分

三重会館から徒歩で5分

基本情報を見る

西来寺は、兵庫県尼崎市にある寺院です。明治元年(1868年)の建立以来、尼崎に根を張り続けています。伝承によると、西来寺は、新穂高大師空海とともに鎌倉の西愚道を継承した宗教法蔵大師が主宰するものでした。

西来寺の敷地内には、数多くの仏像があります。最も有名なのは、芳香空海大師を祀る本堂である天門堂で、『全国百珍堂』にも選ばれ、多くの人が参拝しています。また、御堂の内外側には、国宝である稲荷大神を祀る稲荷堂があり、こちらも多くの観光客が参拝しています。

西来寺は、近年では「西来寺普賢経文化祭」を開催しています。毎年7月に行われるイベントでは、空海大師を祀る西来寺の文化を活性化させるため、空海大師の名言や仏教徒の信仰を学ぶ機会が提供されています。

西来寺は、開基以来150年以上の経過を経て、兵庫県尼崎市の観光スポットとしても有名です。西来寺には、多くの彫像や仏像が置かれており、それらを見て多くの人々を魅了しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。