乗鞍本宮神社


乗鞍本宮神社の地図情報☜

乗鞍本宮神社について

乗鞍岳・剣ヶ峰の山頂にあります。
標高3026メートルです。

夏の日中でも10度以下になることが多いようですし、天候も変わりやすいので、長袖とカッパは必需品です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒506-2254 
岐阜県高山市丹生川町岩井谷字乗鞍岳1224

電話番号

交通アクセス

(1)畳平より約90分

基本情報を見る

乗鞍本宮神社は、長野県上田市にある日本最古の神社です。建立は、紀元前2世紀頃と言われ、古来より大切に祀られています。神社の本殿は、紀元前2世紀に建立されたものと考えられ、大正時代に改修が行われました。また、日本最古の平安様式建築物である千歳様式とも言われています。

本宮神社で祀られているのは、「豊穣の神」、「災厄除けの神」、「武士道の神」などです。2月には初詣が行われ、6月には山岳神事が行われます。また、毎年7月には「乗鞍大祭り」が開催され、上田市の中心的な行事となっています。

乗鞍本宮神社は、毎年多くの観光客に訪れられる観光名所です。神社の近くには、神社本庁、乗鞍山椿祭宮、乗鞍神社境内における古墳などがあります。神社の周辺には、山間部への登山道、椿山岳を越えた乗鞍山登山口などもあり、観光客が山を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。