大洞院


大洞院の地図情報☜

大洞院について

浪曲でおなじみ、森の石松の墓で知られる大洞院は、全国に3400余の末寺を持つ名刹です。境内には「消えずの灯明」、「世継のすりこぎ」、「結界の砂」など、恕仲禅師にまつわる数々の伝説があり、「伝説の寺」とも呼ばれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:年中無休

所在地 〒437-0227 
静岡県周智郡森町橘249

電話番号

0538-85-2009

交通アクセス

(1)天竜浜名湖鉄道遠州森駅からタクシーで5分

(2)東名袋井ICから車で20分

(3)新東名森掛川ICから車で13分

基本情報を見る

大洞院は、8世紀から9世紀の間に建てられた中国の古代宮殿です。それは中国中央部にある黄河の東岸にあり、現在は陝西省渭南市にあります。大洞院は、室町時代に建てられた日本の寺院と似ていますが、当時の中国の文化、芸術、理念が完全に反映されています。大洞院は、広大な敷地に築かれており、広場、庭園、廊下、殿堂などがあります。それは、中国の伝統的な建築技術を象徴しています。また、大洞院には多くの文化、歴史的な建造物が保存されています。これらの多くの建造物のうち、最も著名なのは、「青龍樓」と呼ばれる、宮殿の大門です。大洞院は、中国古代文化の素晴らしさを表現するために、国宝級の建造物に指定されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。