善応寺(愛知県稲沢市)


善応寺(愛知県稲沢市)の地図情報☜

善応寺(愛知県稲沢市)について

織田信長が師事した鉄砲隊長の橋本一把の祖先が再興した寺。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒492-8355 
愛知県稲沢市片原一色町道上67

電話番号

0587-36-1727

交通アクセス

(1)森上駅から徒歩で25分

基本情報を見る

善応寺は、愛知県稲沢市にある中国禅宗のお寺です。今は善応寺若林禅院として稲沢市の町家を利用して運営しています。善応寺は、江戸時代中期から存在している稲沢市にある最古のお寺です。稲沢市からコンパクトな距離で歴史ある建物が見られ、平成元年(1989年)から現在に至るまで稲沢市を代表する観光スポットです。

善応寺の本尊は、江戸時代中期に稲沢家の生みの親となった稲沢家祖元純久が石垣山にて開山したと言われています。稲沢家祖元純久が開山したという伝説を守り続けている善応寺は、今でも境内には稲沢家の祖元純久の遺影や稲沢家の墓があります。

祭祀日は、毎年4月23日・7月15日・10月17日の3回であり、それぞれ「古来蔵説法話」、「祖元純久開山記念」、「古来蔵大師忌」と呼ばれています。善応寺では、日本宗教団体法人稲沢市宗教団体連合会が主催する「稲沢市宗教文化祭」や「稲沢市宗教文化講演会」などを定期的に開催して

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。