長源寺(静岡県函南町)


長源寺(静岡県函南町)の地図情報☜

長源寺(静岡県函南町)について

境内の薬師堂には、鎌倉期初期の実慶の作、阿弥陀三尊像(重要文化財)などがあり、長年地域の方々に大切に守られてきた。薬師堂に納められている、阿弥陀三尊像を含む24体の仏像は、平成24年春に開館の「かんなみ仏の里美術館」に移設され、展示されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒419-0101 
静岡県田方郡函南町桑原592

電話番号

055-978-5675

交通アクセス

(1)JR函南駅から車で5分

基本情報を見る

長源寺は、静岡県函南町に位置する寺院である。昭和3年(1928年)に開基された、東海道大善会の所有する寺院である。長源寺の建物は、全体的に江戸時代の色彩を残している。本堂(室内構造の建物)は、熱帯木材の葺き替えを施した木造建築の建物として珍しいものである。境内には、竹林を中心とした森林公園があり、自然を楽しむことができる。また、境内にある木彫りの仏像なども見どころである。

長源寺では、毎年4月20日に「春越し祭」が行われている。この祭りでは、大型仏像を中心にした行列を行い、長源寺を中心とした函南町の雰囲気がよく表れる。また、函南町にある多くの寺院では、毎年初詣を行うが、長源寺では2月1日の「新春初詣」が人気がある。新春初詣では、手拭いを振る舞って、多くの人が集まり長源寺を訪れる。

長源寺では、毎年11月中旬に「深夜参拝会」が行われている。深夜参拝会では、お祈りをしながら、境内を歩くことができる。夜間の境内は、いつもと違った雰囲気で、穏やかな気

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。