福満寺(岐阜県美濃市)


福満寺(岐阜県美濃市)の地図情報☜

福満寺(岐阜県美濃市)について

本尊の大日如来坐像は県指定重文。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒501-3764 
岐阜県美濃市笠神

電話番号

交通アクセス

(1)長良川鉄道美濃市駅からバスで

徒歩で

基本情報を見る

福満寺は岐阜県美濃市にある、唐招提寺の一山門である。福満寺は、美濃福満宗の本山・正法寺の一山門として、特に正法寺からの法脈を受け継いできた歴史的な建物として知られている。現在、正法寺の子孫である佐々木家が管理している。

福満寺は、建立された当初から正法寺と共に関係の深い関係を築き、正法寺の僧侶が居座していたという。また、福満寺は、唐招提寺の中でも重要な存在として建築され、地元にかなりの格式を持ち込んでいる。

福満寺では、毎年4月20日に「福満寺祭り」が開催されている。祭りには、福満寺を守る神官として神輿を担ぐ神官、音楽隊などが参加し、祭りの最中には神官が神輿を担いであちこちを歩くなど、歴史的な行事が行われている。福満寺祭りは、地元の人々に愛されており、多くの観光客も訪れる人気の祭りとなっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。