勝山寺


勝山寺の地図情報☜

勝山寺について

勝山寺(しょうさんじ)は、宝暦五年(1755)に西尾城主の三浦義理(よしさと)が城の鬼門封じの祈願寺として創建したと伝えられる真言宗醍醐派の寺院です。
毎年2月3日の節分の日の前で一番近い日曜日に行なわれる『節分会(豆まき)』には多くの参拝者で賑わいます。開運出世不動明王の前で大護摩祈祷や豆まきによる厄払いが行われ、参拝者へ福をかき込む熊手が配られます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒445-0832 
愛知県西尾市瓦町21

電話番号

0563-57-5043

基本情報を見る

勝山寺は大阪府門司郡岸本町にある仏教寺院です。建物は江戸時代後期の由緒ある建築物で、国宝に指定されています。勝山寺は浄土宗、空海派、法相宗、臨済宗などの様々な宗派によって併せて崇められています。特に、真言宗として空海派を宗派としている大乗宗の信仰者が多く、空海先生のお墓があるため、大変聖地として熱心に信仰されています。また、勝山寺では、毎年3月17日に「空海山祭」が行われ、新春の初詣を楽しむ多くの信仰者が訪れるほか、江戸時代から続く「空海山御祓い」などの伝統行事が行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。