甚目寺観音


甚目寺観音の地図情報☜

甚目寺観音について

江戸時代から尾張四観音の筆頭として現在でも尊崇を集めている。古縁起によると創建は「推古天皇5年(597)甚目龍麻呂という漁夫が海中より紫金の聖観音菩薩を網に掛け近くに草堂を建ておまつりした」とある。
 国指定重要文化財である三重塔・南大門・東門をはじめ国・県指定の文化財が多数あり歴史の古さが偲ばれる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒490-1111 
愛知県あま市甚目寺東門前24

電話番号

052-444-0541

交通アクセス

(1)甚目寺駅から徒歩で3分

基本情報を見る

甚目寺観音は、静岡県駿東郡大泉町にある観音寺です。甚目寺観音は、平安時代前期、源義経が開いたと伝えられており、縁起物として有名です。甚目寺観音は、国宝に指定された最古の観音像で、金泥書を施した立像です。彫刻は非常に精緻で、顔や衣装などの細部まで表現されています。また、その他にも、宝塔などの仏像が守られています。これらは、甚目寺観音が持つ歴史的価値を表しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。