滝山東照宮


滝山東照宮の地図情報☜

滝山東照宮について

日光東照宮・久能山東照宮とともに日本三東照宮といわれる。家光の創建で、中門・本殿は重文。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

休業:無休

所在地 〒444-3173 
愛知県岡崎市滝町字山籠117

電話番号

0564-46-2516

交通アクセス

(1)東岡崎駅→名鉄バス「滝山寺下」下車(25分)→徒歩(3分)

基本情報を見る

滝山東照宮は、滝山市にある神社です。東照大神を祀る神社で、正式名称は「滝山東照宮大宮(たきやまとうしょうぐうみやたいみや)」となっています。

滝山東照宮は、紀元前618年に創建された「神宮六博士」の社殿(じゃでん)として、神話の「八岐大蛇」を祀りました。その後、平安時代に滝山市の役人であった藤原道長が、滝山東照宮を神社として改築したため、東照大神を祀る神社として有名になりました。

滝山東照宮は、神社の本殿と社務所、神宝殿、東照大神像があり、その他にも多くの文化財が存在しています。また、毎年4月20日には、神輿渡し祭り「滝山東照祭」が行われ、多くの観光客で賑わいます。

滝山東照宮は、神社としての伝統を継承しながらも、新しい文化を創造しようという取り組みも行っています。例えば、「滝山東照宮サブカルチャーフェスティバル」を開催し、様々なイベントを行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。