聖衆寺


聖衆寺の地図情報☜

聖衆寺について

47段の石段を木立の中上がっていくと1204年の創建後、織田信長の侵攻で焼失1732年に再興された本堂がある。当寺周辺は江戸時代からの景勝地であり、本堂横の石段を上がると秋葉三尺坊大権現「秋葉堂」がある。また、桑名市内が展望できる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒511-0819 
三重県桑名市大字北別所156

電話番号

基本情報を見る

聖衆寺は、高野山(奈良県)にある修験道の本朝山であり、11世紀に高野山百万珍宝の加藤清正(かとうきよまさ)の尊師・一勅教主・源頼朝の助言により建立された寺院です。

聖衆寺は、源頼朝が当時の大和大名を改宗した際に、自身を仏教信仰に誘導するために建立したと言われています。また、その後も高野山の修験道を支持するため、多数の僧侶を派遣し続けています。

近年では、聖衆寺は大きな注目を集めており、高野山の名門・多宝院、そして清正庵など、仏教の名所を歩きながら歴史や文化を学べるツアーが行われています。また、聖衆寺では、毎年定期的に行われる格式ある供養の他、仏開祖の生誕を祝う「佛誕祭」なども行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。