川津来宮神社(杉桙別命神社)


川津来宮神社(杉桙別命神社)の地図情報☜

川津来宮神社(杉桙別命神社)について

古社で祭神は杉桙別命。境内には国の天然記念物の大楠があり、樹齢1,000年以上と推定される。またこの神社には「酉精進・酒精進」という伝説が残っており、現在でも氏子は毎年12月下旬に一週間ほど、卵・鶏肉・酒を口にしない風習を守っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒413-0504 
静岡県賀茂郡河津町田中154

電話番号

交通アクセス

(1)河津駅からバスで

基本情報を見る

福井県小浜市にある、大和国八代藩主・津村豊彦が創建した古刹である岩舟寺山内にある、川津来宮神社(杉桙別命神社)は、豊彦が主宰した一派の信仰対象として、大和国八代藩主としての祈願を行った神社として知られています。

川津来宮神社(杉桙別命神社)は、「杉桙別命神社」という別名があり、豊彦が祈願した杉桙家の先祖を拝む為に建立されたといわれています。また、豊彦はこの寺院の護摩火を継続した為、「火社」としても知られています。

川津来宮神社(杉桙別命神社)は、現在も豊彦の想いが詰まった本殿を中心に、鳥居、境内廻り道、社務所などを保存しており、明治期に完成した古い建物も見ることが出来ます。

参拝する際には、豊彦が在宅時代に行っていた拝礼である「回参」を行うと良いでしょう。本殿の中心部にある「参斎間」を一周するというもので、廻りながら回参礼拝を行うと、豊彦の想いを感じることが出来ます。

また、川津来宮神社(杉桙

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。