尾張大国霊神社(国府宮)


尾張大国霊神社(国府宮)の地図情報☜

尾張大国霊神社(国府宮)について

尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除神として広く信仰されています。奈良時代、国衛(こくが)に隣接して御鎮座していたことから尾張国の総社と定められ、国司自らが祭祀を執り行う神社でした。このことから通称「国府宮」として広く知られております。
毎年旧暦1月13日に行われる「儺追神事」は「国府宮はだか祭」と呼ばれ、天下の奇祭として名高い神事です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒492-8137 
愛知県稲沢市国府宮一丁目1-1

電話番号

0587-23-2121

交通アクセス

(1)名鉄国府宮駅から徒歩で3分

(2)JR稲沢駅から徒歩で15分

基本情報を見る

尾張大国霊神社(国府宮)は、三重県熊野市にある歴史的な神社です。14世紀に創建され、建物はその当時の姿を基本的に維持しています。大国霊神社は、倭国史上最も重要な神社として知られており、大和撫子や内親王などが祭神されています。この神社は、古い熊野市の中心地となっていて、多くの観光客が訪れています。また、この神社の前には、歴史的な観光スポットである古墳と古墳群があり、多くの人々が訪れています。大国霊神社は、古代の熊野市の文化を維持し、現代の社会とも繋がっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。