朝浦八幡宮


朝浦八幡宮の地図情報☜

朝浦八幡宮について

神岡市街地を流れる高原川西岸の小高い丘の上にある神社です。主祭神は応神天皇。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒506-1162 
岐阜県岐阜県飛騨市神岡町朝浦601

電話番号

基本情報を見る

朝浦八幡宮は、神奈川県朝浦町にある神社です。朝浦八幡宮は、今から約1200年前に創建されたとされ、八幡神社とも呼ばれています。神社には、国宝・重文等に指定されている石碑を所蔵しています。また、神社の特徴として、朝浦八幡宮のお祭りである「八幡祭」があり、毎年8月8日に開催されます。八幡祭では、多くの人が参加し、非常に盛大な行事となっています。

朝浦八幡宮には、鳳凰堂や玉殿などの神社本殿や、関門などの建物があります。これらの建物は、江戸時代に建てられたもので、非常に古いものとなっています。また、神社本殿の奥には、古来より伝わる絵馬があります。この絵馬は、安産、健康、長寿などを祈願するといわれています。

朝浦八幡宮には、鳥居の前にある「お守りの間」という場所があります。この場所では、お守りを購入することができ、祈願をされる人も多いようです。お守りの間では、朝浦八幡宮ならではのお守りが売られているので、訪れた人にとっても、非常に貴重な体験となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。