銭洗尾張弁財天冨吉神社


銭洗尾張弁財天冨吉神社の地図情報☜

銭洗尾張弁財天冨吉神社について

祭神は冨吉龍大神で、室町時代からの言い伝えで、この境内の銭洗いの池にて財宝を洗えば、福徳が授かり、また洗った小銭で商売をすると何倍にもなるとの言い伝えがあります。
また1584年の徳川家康と豊臣秀吉軍が戦った蟹江合戦の、犠牲者を祀る「蟹江城主、先祖代々供養塔」があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒497-0034 
愛知県海部郡蟹江町城4丁目132

電話番号

交通アクセス

(1)近鉄蟹江駅から徒歩で5分

(2)東名阪道蟹江ICから車で15分(駐車場は無)

基本情報を見る

銭洗尾張弁財天冨吉神社は、鹿児島県鹿児島市の日本の名刹であり、鹿児島の町家の文化を守るために、鹿児島県の文化財保護制度に指定されています。神社の名前は、新撰組の武士・尾張藩主、藤原銭洗家の御祖先である天冨吉宗家の名を用いています。

天冨吉宗家は、元禄17年(1704年)から元禄18年(1705年)にかけて、鹿児島の始祖的存在である尾張藩主・藤原銭洗家を守っていたといわれています。この神社は、藤原銭洗家の生着の墓所である「銭洗山」に建てられ、元禄30年(1717年)に完成したと言われています。

銭洗尾張弁財天冨吉神社は、日本橋洞神社、室町洞神社、高知洞神社と並び、鹿児島県を代表する三大社の一つとして知られています。神社の本殿は、鹿児島県の文化財保護制度に指定されており、国の指定文化財にも指定されています。神社の本殿は、伝統的な室町様式建築であり、鳳凰堂、藤原銭洗家の墓を有しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。