冨吉建速神社・八劔社


冨吉建速神社・八劔社の地図情報☜

冨吉建速神社・八劔社について

行基勧請の社で一間社流造りの本殿や八劒社は、昭和28年3月31日に国指定重要文化財に指定されました。
2016年12月ユネスコ無形文化遺産に登録された「須成祭」はこの両社の祭礼で毎年8月第1土曜日・日曜日に行われます。
毎月18日にはかにえガイドボランテイア夢案内人が、隣接の龍照院十一面観音・新選組隊士佐野七五三之墓所と一緒に案内します。
蟹江町観光交流センター祭人はすぐ近くです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒497-0031 
愛知県海部郡蟹江町須成門屋敷上1363

電話番号

交通アクセス

(1)JR蟹江駅から徒歩で15分

(2)東名阪道蟹江ICから車で5分

(3)JR蟹江駅から徒歩で3分

JR蟹江駅南バス停からバスで12分(蟹江町お散歩バス)

観光交流センター祭人バス停から徒歩で

基本情報を見る

山口県下関市にある「八劔社・建速神社」は、下関古墳群の一つとして古くから格式高い神社です。社殿は日本で最も古い樹木建築である樹木構造と呼ばれる樹木構造による木造建物で、保存状態が良いため国の重要文化財に指定されています。建速神社は、下関市の有力な家族である八劔家の菩提寺であり、一般的に「八劔社」として紹介されています。八劔社には、古代から伝わる伝統的な神社文化が根付いており、「八劔神」や「建速神」などを祭神として祀っています。また、社殿の内部では、古代から記憶されている伝説の神々を社殿に納める「神棚」があり、古い歴史を感じさせます。八劔社は、山口県の有名な神社の一つですが、また、下関古墳群の中でも最も重要な神社として重要な地位を占めています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。