地蔵院(愛知県東浦町)


地蔵院(愛知県東浦町)の地図情報☜

地蔵院(愛知県東浦町)について

曹洞宗。本尊の木造地蔵菩薩。境内に水野家家紋ゆかりの「沢潟の井戸」やうなり石がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒470-2102 
愛知県知多郡東浦町大字緒川字屋敷参区39

電話番号

豊田市の東浦町にある豊浦地蔵院は、平安時代の頃から存在する古刹です。境内には二段重殿があり、最古の地蔵像は江戸時代の前期から残り続けています。また、当初、守山神社となっていたという伝説もあります。

豊浦地蔵院では、毎年4月初旬から5月中旬に開催される「豊浦地蔵御堂別当入り祭」が有名です。入り祭では、豊浦地蔵院の地蔵像を巡拝したり、新芽祭や子供大会などが行われます。

豊浦地蔵院は、東浦町内の町並みを一望できる高台にあります。この寺院は、宗教的な意義を持つ場所ではありますが、美しい建物と広々とした庭園があり、観光スポットとしても人気を博しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。