勝楽寺(愛知県西尾市)


勝楽寺(愛知県西尾市)の地図情報☜

勝楽寺(愛知県西尾市)について

勝楽寺(しょうらくじ)は足利尊氏の創建と伝えられる寺で、現在は曹洞宗に属しています。
本尊の子安地蔵菩薩は、後白河法皇(在位1155-58)の御作との伝説があり、現在は安産祈願、子育て祈願の寺として名高く、多くの参拝者が訪れます。
寺の南側には愛知県の史跡に指定されている岩場古墳があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒444-0511 
愛知県西尾市小山田稠35

電話番号

0563-32-0701

静岡県西尾市にある勝楽寺は、創建時期は不詳ですが、14世紀末には開山されたと伝えられています。当初は繁栄していたものの、15世紀中期には災害や戦争などで廃寺となっていましたが、江戸時代初期に復活し、現在も開山の道元宗純が率いた空海の流派に属する南都流を継承しています。

勝楽寺は、国の重要文化財として登録された空海像があり、その他にも空海像以外にも、国宝推定の紅葉絵画など、多くの文化財があることで有名です。

また、勝楽寺には、江戸時代中期の吉原絵画の複製画や、空海仏法師を思わせる立像などがあり、特に立像は、江戸時代に彩色されたもので、現在も鮮やかな色彩を残しています。

勝楽寺の祭祀・行事には、大きなものは参拝者の祭典(2月8日)があり、毎年4月30日には大明礼まつりが行われます。その他にも、お月見会や梅花祭などが開催されています。

勝楽寺は、歴史的文化財を存分に楽しめる寺院です。また、空海像などをはじめとする当寺の文

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。