益山寺


益山寺の地図情報☜

益山寺について

標高300mの益山の上にある真言宗で、高野山の末寺。空海の創建で、本尊の観世音菩薩はその自作であると伝えられています。
山中にある落ち着いた雰囲気。お地蔵様、石仏など安置されています。根回り5.46メートル、目通り4.05メートル、樹高27メートル、樹齢900年ほどで県下最大の楓があります。木肌が美しく保存は良好で、瘤が多くあり盛り上がる力強さは、風雪に耐えた歴史を見せています。
市指定の大イチョウを従え、秋の紅葉は美しく、境内にある石仏群と調和してみごとな風物絵巻となります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒410-2418 
静岡県伊豆市堀切760

電話番号

交通アクセス

(1)修善寺駅から車で20分

弥勒寺(ようろくじ)は、京都府京丹波市にある大型浄土宗の寺院です。現在の建物は、明暦年間(1473~1481年)に宇治守藤原信玄の指導のもとに建てられたものです。寺の名前は、古くから伝わる「弥勒菩薩が此処に宿る」という伝説により命名されました。

弥勒寺は、殿堂・大堂・金堂など4つの十分堂を持ち、宝物庫が豊富な建物群として有名です。特に金堂は、文政7年(1824年)に大規模な火災によって焼失した後、慶応3年(1867年)に再建されました。朱塗りの屋根は、唐木彫りの柱なども加えて、近代的な装飾を施しています。

院内には、梵鐘の鳴る本堂、寛永7年(1630年)に建てられた「五重塔」、宝物庫などがあり、古き良き伝統を守り続けています。また、8月には「花火大会」が開かれ、多くの観客に夜の京都を楽しんでいただけます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。