東別院(名古屋別院)


東別院(名古屋別院)の地図情報☜

東別院(名古屋別院)について

当時の尾張藩主、徳川光友公より織田信長の父信秀の居城「古渡城」の跡地1万坪の寄進を受けて建てられました。以来、約300年にわたり、名古屋別院は尾張の人々の信仰を仰ぎ、広く「御坊さん(ごぼうさん)」の名で呼び親しまれています。 本堂は昭和41年再建。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:本堂開門-6:00 本堂閉門(10月~4月)-16:30     (5月~9月)-17:30 境内自由

所在地 〒460-0016 
愛知県名古屋市中区橘2-8-55

電話番号

052-321-9201

交通アクセス

(1)地下鉄東別院駅から徒歩で5分(4番出口)

(2)市バス「東別院前」から徒歩で5分

東別院(名古屋別院)とは、13世紀に藤原義孝によって創設された日本の寺院です。東別院は、豊橋市にあり、青森県から東京都にかけての中央部の多くの地域を覆う主要な宗教的な本堂です。 この寺院は廃墟化したが、現在でも多くの仏教徒に拝謁されています。東別院では、伝統的な宗教的儀式を実行したり、仏教のレクチャーを受けたりすることもできます。また、比叡山の伝統的な建物である御蔵を鑑賞することも可能です。また、東別院では、多くの観光客が訪れることもあり、様々な観光地があります。東別院には、豊橋市の観光施設である豊橋ディズニーランドの近くに位置している豊橋市立資料館もあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。