富知六所浅間神社


富知六所浅間神社の地図情報☜

富知六所浅間神社について

建立は、第五代孝昭天皇の時代で富士山頂に祀ったが、噴火のため現在の地に移された。山岳神の大山祇神や木花之佐久夜比売(このはなのさくやひめ)など五神を祭神としている。三日市浅間神社ともいわれる。祭日は5月3日。境内には幹周13メートルになる県指定天然記念物の大楠がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒417-0073 
静岡県富士市浅間本町5-1

電話番号

0545-52-1270

交通アクセス

(1)東名高速道路富士ICから車で5分

六所浅間神社は、神奈川県三浦市にある神社です。元々は、東北三社の一つである六所社を中心とした神社であり、約1400年の歴史を持ちます。本殿は室町時代に築かれ、伊勢神宮にも近い洗練された建物です。また、本殿前には平安時代に建てられた木造の三重櫓があり、国の重要文化財に指定されています。神社内には、権現神から祀られる本尊「六所大稲荷」があり、神聖な空間が漂っています。また、毎年7月5日には「六所浅間神社例大祭」が行われ、多くの信者が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。