桑名別院本統寺


桑名別院本統寺の地図情報☜

桑名別院本統寺について

本統寺は、徳川家茂や明治天皇が宿泊した由緒あるお寺で、桑名御坊とも称され、俗に「ご坊さん」の名前で市民には親しまれています。境内には、俳聖松尾芭蕉が貞享元年(1684)野ざらし紀行の初旅の折り、この地で詠んだ句「冬牡丹千鳥よ雪のほととぎす はせを」の句碑(冬牡丹句碑)が建てられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒511-0073 
三重県桑名市北寺町47番地

電話番号

交通アクセス

(1)「寺町」バス停から徒歩で2分

桑名別院本統寺は、東京都板橋区にある大和宗大本山である桑名別院の寺院です。本統寺は、現在の大和宗の初代大和宗元号・聖武天皇(後醍醐天皇)が宇治の吉野洞で弟子たちと共に建立したとされています。本統寺は、現在でも大和宗の教団の最高本山として繁栄しています。

本統寺内には、平安時代後期に建立された本堂や、境内を取り囲む境内四門があります。また、本統寺の内堀は、17世紀末に建立された本統寺宝物館があり、昭和時代に改修されています。宝物館内には、聖武天皇の記念物など歴史的な資料が展示されています。

桑名別院本統寺は、毎年1月8日に行われる「本統祭」が有名です。本統祭は、宮中大祓式である大和宗桑名別院本統寺の最大の祭典であり、本統寺を中心とした多くの仏閣からお参りに訪れる人が訪れます。

桑名別院本統寺は、毎年多くの人々が訪れる大和宗の要衝であり、歴史的な空間を残しています。また、本統寺内には多くの歴史的な

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。