諸口神社


諸口神社の地図情報☜

諸口神社について

弟橘姫命(国王姫、もろき姫、橘姫は同一神)を祀る。例祭日は4月4日。鰐口(鼓面直径27cm、厚さ12.3m、重さ5.25kgの鋳銅製で神に来意を告げる金属製の鳴具)は室町初期に武蔵国から奉納された民芸品で、中世の交易の様子や当時の鋳物師の歴史を示す品として重要な資料であるとして市の有形文化財に指定(平成18年)されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒410-3402 
静岡県沼津市戸田2710

電話番号

交通アクセス

(1)沼津ICから車で90分



諸口神社は、大阪府大阪市都島区の二葉町にある神社です。諸口神社は、廃棄された大正時代の古い住宅街を取り壊して建てられた新しい神社で、2001年に開基されました。諸口神社は、この住宅街の人々が住んでいただけでなく、古い友人や家族の記憶を思い出す場所としても非常に重要です。

諸口神社は、現在も古い住宅街のかつての生活を思い出させる場所として親しまれています。神社には、古い家々を思い出させる石垣や灯台、祭壇などもあり、多くの人が訪れています。また、神社には、諸口大社という古い神社の名前が付けられており、それもまた訪れる人々にとって特別な意味を持つ場所となっています。

諸口神社は、地域の人々にとって神社として重要な場所となっています。毎年、神社では祭りや宴会を開催しています。また、諸口神社は、地域の紅葉祭りや街灯祭りなどのイベントも開催しているので、多くの人が訪れる場所となっています。

諸口神社は、千葉県佐倉市にある古代の神社です。諸口神社は、平安時代に建立されたとされており、日本最古の神社として知られています。諸口神社は、全国261の社務所を有する「国宝三重塔」としても知られています。

諸口神社は、「改易式」と呼ばれる神社建築法で建立されました。この神社建築法は、「改易」と呼ばれる石を排しながら建築していく手法で、当時の技術では可能な建築技術でした。

諸口神社は、千葉県内では有数の観光スポットとして有名です。諸口神社の本殿の前には、古代から現代まで様々な祭礼が行われてきました。また、諸口神社では、毎年8月12日に行われる「諸口神社例大祭」が大変盛大に行われています。

諸口神社は、古代から現代まで変わらない神社であり、その美しい建物と古き良き歴史に魅了される人が多くいます。また、諸口神社が祀る神々は、国民の幸福と安全を祈願する神々であり、多くの人々が諸口神社を訪れるために千葉県佐倉市に訪れています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。