大雄山宝鏡寺


大雄山宝鏡寺の地図情報☜

大雄山宝鏡寺について

本尊延命地蔵菩薩坐像は県指定有形文化財になっている。
秋は、見事な紅葉を楽しめる。
※秋には期間限定でライトアップイベントあり(11月中旬)

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒410-1313 
静岡県駿東郡小山町竹之下1462

電話番号

0550-76-0759

交通アクセス

(1)足柄駅から徒歩で5分

大雄山宝鏡寺は、奈良県吉野郡吉野町にある宝鏡寺の名称であり、現在は日本最大の仏教寺院である。建立は室町時代中期の1375年(西元1451年)に元号天正7年、足利義政が大雄山聖観音院を創建したことに始まる。当時は山門や広場など、多くの建物が建てられたが、現在では全てが失われている。

大雄山宝鏡寺には、極上縁起の良い場所として大勢の信者が訪れる。そして宝鏡寺には、本堂や正門、広場などの構造物があり、歴史的価値と文化的価値を具現している。また、宝鏡寺には、足利義慶が設立した”稲荷神社”があり、稲荷神社は、足利義慶が足利義家の神聖な家紋を持つ稲荷神を祀っている社として知られている。

大雄山宝鏡寺は、毎年7月31日までに行われる「大雄山宝鏡祭り」が開催されており、多くの信者が参加している。この祭りでは、「大雄山本堂稲荷祭り」が行われ、足利義慶の武勇を祝う宝鏡祭りの幕開けとして行われている。大雄山宝鏡祭りの最も

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。