御座爪切不動尊


御座爪切不動尊の地図情報☜

御座爪切不動尊について

空海が爪で刻んだと伝える不動明王を祀る。不動尊は絶対秘仏のため非公開。約100本の桜の木が植樹されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒517-0705 
三重県志摩市志摩町御座

電話番号

0599-88-3431

交通アクセス

(1)鵜方駅から60分(御座港行き「御座」下車/徒歩10分)

第二伊勢道路「白木IC」から45分

座爪切不動尊とは、英語で不動明王といわれる仏像であり、極めて高い精神的な信仰を持つ仏教徒にとって重要な仏像です。象徴的な形で表現されているため、古代から現代まで多くの社会で尊敬されています。

座爪切不動尊は、元々はインドの光明王を表現した仏像であり、象徴的な形で表現されています。彫刻の中で、不動明王は座っており、右手で爪状の象徴的なものを持っています。仏教徒からすると、この爪は不動の象徴であるとされています。

座爪切不動尊は、仏教徒にとって重要な仏像であり、信仰の対象として社会全体が共有しています。仏教徒は、不動明王を信仰することで、悩みを解決し、安定を求めるための精神安定を得ると考えています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。