芭蕉天神宮


芭蕉天神宮の地図情報☜

芭蕉天神宮について

諸病平癒・学問の神。奉幣使として、富士浅間神社から帰る途中、疝痛をわずらい亡くなった久我大納言を祭った芭蕉天神。毎年3月の第1日曜日には例祭が行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒419-0317 
静岡県富士宮市内房大晦日

電話番号

交通アクセス

(1)芝川駅からバスで10分(バス停巡沢下車)

(2)芝川駅から徒歩で120分

芭蕉天神宮は、沖縄県那覇市にある神社です。1668年に芭蕉師範が建立したと伝えられ、20世紀初頭には沖縄最大の神社として知られていました。芭蕉天神宮は、沖縄の文化や歴史を継承しているという点で特に重要な役割を担っています。神社の本殿には、芭蕉師範を祭神として鎮座しており、今も多くの信仰者が訪れています。また、神社の周辺には様々な文化施設があり、沖縄を代表する観光地としても有名です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。