智方神社


智方神社の地図情報☜

智方神社について

祭神は、主神に大塔宮護良親王、副神が菊理媛命、予母都道守神、藤原千方です。創建年代は不明ですが、明暦3丁酉年(1657)11月、火災のため旧記録焼失。貞享元年(1684)に造営したが、その後大破したため、寛延3年(1750)3月に本社を普請したと記録があります。境内社のひとつである穂見神社の御神木となっているクスノキは、町内最古(推定樹齢700年)で最大のクスノキであり、町指定文化財(天然記念物)となっています。建武2年(1333)、後醍醐天皇の皇子である護良親王の従者が、皇子の御首を携えて黄瀬川のほとりに逃げ延びてきた折、もう逃げられないとあきらめ、皇子の御首をこの地に埋めた際に墓印として植えたものと伝えられています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒411-0905 
静岡県駿東郡清水町長沢60

電話番号

交通アクセス

(1)三島駅からバスで20分

智方神社は、岩手県大船渡市にある神社です。智方神社は、江戸時代の徳川家康公が、智をもつ八十八ヶ所霊場を東北の名勝地に再現したもので、今では有名な旅行スポットとして親しまれています。智方神社は、元木家宮の菅原道真公が大津界で八十八ヶ所霊場を再現したもので、元木家宮を建立したのが発端となりました。元木家宮の菅原道真公が、智をもつ八十八ヶ所霊場を東北の名勝地に再現したのが智方神社の始まりとなります。智方神社には、参拝者が八十八ヶ所を回ることを目的とした参拝道があり、参拝者は各所で詠唱をしながら智を願うと言われています。また、智方神社では、毎年5月15日に「智方神社祭り」が開催されており、多くの人々が参加しています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。