米之宮浅間神社


米之宮浅間神社の地図情報☜

米之宮浅間神社について

富士市のほぼ中央に位置する。
御祭神は木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
境内内の天満宮には菅原道真公が祀られている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒416-0906 
静岡県富士市本市場582

電話番号

交通アクセス

(1)JR東海道線「富士駅」北口から徒歩で18分

(2)東名富士インターから車で約10分

米之宮浅間神社は、神奈川県秦野市にある神社です。紀元前783年に浅間神が現れたと伝えられ、紀元前783年~紀元後574年まで続いていたと言われています。当神社は、豊穣を祈願するため、毎年11月3日には米の豊穣祭が開催されます。

また、当神社は、稲荷神社を合祀しているため、七福神が祀られています。稲荷神社のお稲荷さまは、金色の大きな鳥居の中に祀られており、付近には鳥居の脇に「豊穣稲荷」と書かれた桃の祠もあります。

さらに、当神社は、鎌倉時代に徳川家康が開催した「祓いの祭典」でも有名で、今もなお「祓いの祭典」が開催されています。また、当神社は、毎年11月3日に浅間神の祭典を開催しており、浅間神を拝めるお参り客が多く訪れます。

米之宮浅間神社には、様々な神社や施設があります。稲荷神社、総殿、五重塔、お香の牌殿などがあります。また、当神社は、毎年11月3日に行われる「米の豊穣祭」で有名で、多くの信仰客が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。