護国寺(沖縄県那覇市)


護国寺(沖縄県那覇市)の地図情報☜

護国寺(沖縄県那覇市)について

現存する沖縄の寺院中最古の寺。国王の祈願所だった。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒900-0031 
沖縄県那覇市若狭 1-15-11

電話番号

交通アクセス

(1)那覇バスターミナルからバスで10分(久米郵便局前バス停から徒歩で約10 分(停車バス : 2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)開南廻り/2番国場線(那)壺川廻り/2番国場線(那)壺川廻り/3番松川線(那)開南廻り/3番松川線(那)泊廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)開南廻り/5番識名線(那)牧志廻り/5番識名線(那)牧志廻り/14番泊線(那)首里向け/14番泊線(那)三重城向け/15番寒川線(那)巡回/15番寒川線(那)巡回/17番石嶺開南線(那)首里向け/17番石嶺開南線(那)三重城向け/45番与根線(那)具志向け))

すべての基本情報を見る

護国寺は、沖縄県那覇市にある宗教施設である。建て替えられたものの、昔の名の通り、沖縄の護国神社である。建て替えられたのは、昭和24年(1949)のこと。

護国寺は、明治天皇が死後、大阪市にある聖山寺と対面する場所に、「沖縄の護国神社」と呼ばれたものである。この神社は、昭和30年(1955)に建て替えられたもので、多くの日本人の心を拘ったものである。

護国寺は、沖縄県那覇市にある宗教施設である。建て替えられたものの、昔の名の通り、沖縄の護国神社である。建て替えられたのは、昭和24年(1949)のこと。

沖縄県那覇市にある護国寺は、沖縄の護国神社である。建て替えられたものの、昔の名の通り、沖縄の護国神社である。建て替えられたのは、昭和24年(1949)のこと。

護国寺は、沖縄県那覇市にある宗教施設である。建て替えられたものの、昔の名の通り、沖縄の護国神社である。建て替えられたのは、昭和24年(1949)のこと。

沖縄県那覇市にある護国寺は、沖縄の護国神社である。建て替えられたも

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。