石甲(短甲形石人)


石甲(短甲形石人)の地図情報☜

石甲(短甲形石人)について

その形が甲冑に身を固めた武人(頭部はつくられていない)に似ているところから、石甲とも短甲型石人とも呼ばれ、覆屋内に高さが1.5mほどの石人が二基並んで立っている。 県指定史跡でもある臼塚古墳は、今から1500年以上前の古墳時代に築かれた全長87mの前方後円墳で、古代にこのあたり一帯を支配していた豪族「海人部(あまべ)」族の墳墓にあたる。そしてこの墳墓の上に立てられた石甲は、ここに葬られたものを守衛する番兵としての武人の役割を果たしていたと考えられる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒875-0083 
大分県臼杵市大字稲田

電話番号

交通アクセス

(1)熊崎駅から車で5分

基本情報を見る

石甲は九州地域に生息しています。石甲の生息地としては、鳥取県、岡山県、広島県、愛媛県、青森県にあります。石甲は、短甲形石人と呼ばれています。短甲形石人とは、人間の中でも長甲形石人よりも短甲形石人の方が多いようです。短甲形石人は、長甲形石人よりも短い石を生息しています。

石甲は、鳥取県、岡山県、広島県、愛媛県、青森県にあるといわれています。石甲は、鳥取県の中山石甲地区や岡山県の薩摩石甲地区、広島県の中央石甲地区、愛媛県の南鎌倉石甲地区などで、短甲形石人のみを記録しています。

石甲は、九州地域に生息しています。石甲の生息地としては、鳥取県、岡山県、広島県、愛媛県、青森県にあります。石甲は、短甲形石人と呼ばれています。短甲形石人とは、人間の中でも長甲形石人よりも短甲形石人の方が多いようです。短甲形石人は、長甲形石人よりも短い石を生息しています。

石甲は、鳥取県、岡山県、広島県、愛媛県、青森

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。