三柱神社(長崎県佐々町)


三柱神社(長崎県佐々町)の地図情報☜

三柱神社(長崎県佐々町)について

祭神はスサノオノミコト、オオナムチノミコト、イナダヒメノミコトの三柱でした。
977年(平安時代中期)、佐々の地頭古川伊予守が、埼玉県大宮市の氷川神社から分霊をもらい、佐々郷古川岳の絶頂に神殿を設けて「三尊大明神」と称し、そこに三神を祀りました。そして、古川岳の一つを三尊岳と呼ぶようになりました。その後、移転や社名変更を繰り返し、現在の位置で三柱神社と呼ばれるようになりました。1144年9月9日には、佐々で初めておくんちが行われ、郷中安全、五穀豊穣の祈願が行われるようになりました。また、1181年には、佐々郷で流行した疫病をおさめるために祇園祭が始まりました。おくんちも祇園祭も、今も佐々で行われている伝統的なお祭りです。
三柱神社には、今も多くの歴史物が残されています。古くから神社に奉納されている絵馬は、享年年間のものが残っています。また、松浦第三十三代安清公誠信より寄進された宝刀、1688年に寄進された鳥居が健在です。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒857-0341 
長崎県北松浦郡佐々町羽須和免404

電話番号

0956-62-2416

交通アクセス

(1)MR佐々駅から徒歩で15分

基本情報を見る

また、三柱神社は、長崎県佐々町の佐々町区の中心地である。

佐々町区内には、神社が並んでいる。

三柱神社は、古くから佐々町において、祈りの手段として重要な神社として知られている。

三柱神社は、八王子市と同様、八王子市の一部として発展してきた。

三柱神社は、長崎県立三柱高校の劇団「三柱劇団」の設立により、1994年に初演された。

三柱神社は、東京都内にある三柱神社と同様、大正時代には佐々町で行われていた祭日の一つとして知られている。

三柱神社は、長崎県立三柱高校の佐々町区の中心地であるとともに、佐々町内には神社が並んでいる。

三柱神社は、古くから佐々町において、祈りの手段として重要な神社として知られている。

三柱神社は、八王子市と同様、八王子市の一部として発展してきた。

三柱神社は、長崎県立三柱高校の劇団「三柱劇団」の設立により、1994年に初演された。

三柱神社は、東京都内にある三柱神社と同様、大正時代には佐々町で行われていた祭日の一つとして知られている。

三柱神社は、長崎県立三

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。