興国寺(福岡県福智町)


興国寺(福岡県福智町)の地図情報☜

興国寺(福岡県福智町)について

7世紀後半の創建とされ、足利尊氏が国家安泰のために建てた安国寺第一位の寺です。無隠元晦禅師の座像や興国寺文書、観音堂など数々の寺宝や県指定文化財があります。また足利尊氏ゆかりの寺であり、尊氏が身をひそめたといわれる「隠れ穴」や、枝を切り落とし、土中にさかさまにさして戦運を占ったという「墨染桜」、「馬蹄石」などが伝えられています。 年に一度、11月第2日曜日に観音大祭が開かれ、この日だけ千手観音がご開帳されます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒822-1102 
福岡県田川郡福智町上野1892

電話番号

0947-28-3081

交通アクセス

(1)平成筑豊鉄道赤池駅下車からタクシーで10分

基本情報を見る

福岡県福智町にある「興国寺」は、福岡県の川上郡福智町にある建築物で、現在は、福岡県立日本歯科大学医学部内の臨床内科学研究センターとして機能しています。

興国寺は、日本の国技術革新を象徴する建築物で、1912年に建てられました。当時、日本は、第二次世界大戦に勝利した際、自由と民主主義を祝うため、国技術に関する最先端の技術を発信し、その功績により、1937年に日本国憲法の記念すべき建築物として認定されました。

興国寺は、福岡県立日本歯科大学内の臨床内科学研究センターにある建物で、臨床内科学研究センターの一部として機能しています。

興国寺は、その建物が、日本の国技術革新を象徴する建築物です。

興国寺は、1912年に建てられました。当時、日本は、第二次世界大戦に勝利した際、自由と民主主義を祝うため、国技術に関する最先端の技術を発信し、その功績により、1937年に日本国憲法の記念すべき建築物として認定されました。

興国寺は、福岡

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。