福島八幡宮


福島八幡宮の地図情報☜

福島八幡宮について

この八女福島の地に鎮座する福島八幡宮は、江戸時代の寛文元年(1661)に福島城のやぐら高台に建立されました。以来今日に至るまで、人々は旧福島城内住民の氏神様として、地域と家庭の永遠の安寧と繁栄をお祈りされております。 祭神は応神天皇、神功皇后、武内宿禰の三柱をお祀りしており、江戸時代には特に、主祭神である応神天皇を勝運の神として崇め、武士層からも厚い信仰を集めていたと言い伝えがあります。 時代の流れにより、現在では家内安全の他に、成功勝利(受験、運動試合、仕事等)でお参りされるようになりました。
9中旬には、3日間にわたり『八女福島燈篭人形(からくり人形芝居)』が奉納される場所だ。260年以上の歴史を持つ放生会は、国指定重要無形民俗文化財に指定される。メディアにも注目され、ここでしか見られない希少な人形芸を披露する事で知られている。釘やかすがいを1本も使う事なく組み立てられた屋台は、主に三層構造となっており、一層で下遣い、二層で横遣いの人形を操作。最上の三層で唄や三味線、太鼓、鼓などのお囃子が、見事なまでの「生演奏」を行う。紅葉の時期に、特におすすめの観光スポット。

また、9月の秋分の日を含めた3日間にからくり人形芝居である「八女福島の燈籠(とうろう)人形」が奉納され、一年のうちで最も賑やかな期間を迎えることとなります。これは260年以上の歴史をもつ放生会として国指定無形民俗文化財にも指定されており、注目を集めています。ここでしか見られない稀少な人形芝居は一見の価値があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

受付時間:日月火水木金土 7:00~19:00

所在地 〒834-0031 
福岡県八女市大字本町105-1

電話番号

交通アクセス

(1)JR羽犬塚駅からバスで25分

福島バス停から徒歩で10分

(2)西鉄久留米駅からバスで30分

福島バス停から徒歩で10分

(3)八女ICから車で10分

基本情報を見る

福島八幡宮は、九州地域にある国宝級殿で、建てられたのは平安時代(1603年~1868年)。今日は、国宝級殿としての信頼度や地域における文化的な役割について、また宮内の様子について説明していきます。

国宝級殿としての信頼度

福島八幡宮は、九州地域にある国宝級殿としての信頼度の高いものです。国宝級殿としての信頼度は、宮内の様子によって異なります。例えば、大きな宮内にある国宝級殿では、建てられたずっと前の頃から宮内の様子が変わっていないのに対し、福島八幡宮は、現在も宮内の様子が変わっていないのに対し、信頼度が高いと言えます。

また、国宝級殿としての信頼度の高い宮内には、文化的役割があります。例えば、福島八幡宮は、日本の国宝級殿として、建てられたものです。そのため、国宝級殿としての信頼度の高い宮内では、日本の国宝級殿としての活動が行われています。また、福島八幡宮は、九州地域にある国宝級殿で、建てられたずっと前の頃から宮内の様子が変わっていないのに対し、大分県の一部地域の一つである西

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。