桜井神社(岩戸宮)


桜井神社(岩戸宮)の地図情報☜

桜井神社(岩戸宮)について

歴代黒田藩主の崇敬社。“与止妃宮(ヨドヒメグウ)”とも称され桜井二見ケ浦が近い。黒田二代藩主忠之公により創建、桧皮葺の三間社流造の本殿裏には6世紀の横穴式石室の円墳が岩戸宮として祭られています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒819-1304 
福岡県糸島市志摩桜井4227

電話番号

092-327-0317

交通アクセス

(1)JR筑前前原より谷経由バスからバスで40分

基本情報を見る

桜井神社は九州地域で最古の岩戸宮とされ、神社の建立は元年の811年に大和国政府が貴族であった桜井家に寄付をしたものとされています。 九州地域では神社の建立は多く、その中でも桜井神社は最古とされています。

そのため、桜井神社は九州地域で最も古い神社と言われています。また、桜井神社は岩戸宮としても知られており、岩戸宮には紀元前3世紀頃から祀られている古い名所が多くあります。 その中でも、桜井神社では古い名所が多いのが特徴です。

また、桜井神社は九州地域では太陽を記念した神社とされています。九州地域では太陽を記念する神社が多いのはこのためです。

また、桜井神社は九州地域では女性に対して神々社を建てている神社とされています。女性に対して神々社を建てているのはこのためです。

そのため、桜井神社は九州地域では女性に対して神社を建てている神社とされています。女性に対して神社を建てている神社とされているのはこのためです。

また、桜井神社は九州地域では岩戸宮としても知られており、岩戸宮には紀元前3世紀頃から祀られている古

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。