雲巌禅寺・霊巌洞・五百羅漢


雲巌禅寺・霊巌洞・五百羅漢の地図情報☜

雲巌禅寺・霊巌洞・五百羅漢について

熊本市西麓にあり、南北朝時代に建立された。その一角の岩肌には、五百羅漢といわれる数多くの羅漢石像がある。この奥にある洞窟は霊巌洞といわれ晩年の宮本武蔵がこもって有名な「五輪書」を著したといわれている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:8:00~17:00

所在地 〒861-5282 
熊本県熊本市西区松尾町平山589

電話番号

交通アクセス

(1)熊本駅から60分

(2)熊本桜町バスターミナルから35分

岩戸観音入口から20分

基本情報を見る

寺院の内装・外観

寺院内には、霊巌洞と五百羅漢があり、それぞれの寺院内には、色彩豊かな墓地や院内の階段があります。

寺院外には、広大な敷地が広がっています。

寺院内部には、霊巌洞、五百羅漢、清浄な霊堂があり、寺院外には、多彩な花景観が広がっています。

霊巌洞・五百羅漢の詳しい内装・外観を紹介します。

霊巌洞

霊巌洞は、寺院内にあり、霊堂として使用されています。

霊巌洞の内装は、白い塗装の断片が散りばめられた空間になっています。

霊巌洞の内装には、霊堂があり、その中には、大きな窓があり、夜になると、照明が入り、霊堂の中に霊が浮かんでいます。

五百羅漢

五百羅漢は、寺院内にあり、霊堂として使用されています。

五百羅漢の内装は、茶色の色彩の断片が散りばめられた空間になっています。

五百羅漢の内装には、霊堂があり、その中には、大きな窓があり、夜になると、照明が入り、霊堂の中に霊が浮かんでいます。

清浄な霊堂

清浄な霊堂は、寺院外にあり、霊堂として使用さ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。