福岡縣護国神社


福岡縣護国神社の地図情報☜

福岡縣護国神社について

明治元年(1868年)、福岡藩主の黒田長知公をはじめ、県内の旧藩主等が明治維新で国難に殉じた人々を顕彰するため、招魂社を設立。昭和18年(1943年)4月、現在地の福岡城址南側の練兵場跡に遷座。明治維新から大東亜戦争に至るまでの約13万柱のご英霊をお祀りする。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒810-0044 
福岡県福岡市中央区六本松1-1-1

電話番号

交通アクセス

(1)バス:JR博多駅より(西鉄バス)[博多駅交通センター] 1階4番のりば発 系統番号12・113・114・200・201・202・203・204 護国神社前下車 / 1階3番のりば発 系統番号13 NHK放送センター入口下車

バス:天神より(西鉄バス)天神警固神社三越前のりば(国体道路側)発 系統番号6・7・113・114・200・201・202・203・204・205 護国神社前下車 系統番号6-1 NHK放送センター入口下車

(2)電車:福岡市地下鉄空港線 大濠公園駅下車3番・6番出口より徒歩15分  /  福岡市地下鉄七隈線 六本松駅下車2番出口より徒歩8分

基本情報を見る

福岡縣護国神社は九州地域にある神社で、山口県美浜市の西北部に位置する。建物は、山口県内の大きな湖の上に建てられたという。神社には、九州地域の最古の神社となる神護国神社として、護国神社としての歴史がある。

護国神社の種類は、神護国神社、護国神社としての歴史を持つ神社、九州の地方神社など、多数ある。護国神社は、山口県内では最も古く、平安時代に神護国神社として建立された神社とされる。

護国神社の特徴として、湖の上に建てられたということがある。また、護国神社の境内には、護国神社としての歴史を持つ神社が多数あることも特徴となっている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。