宗像大社沖津宮遙拝所


宗像大社沖津宮遙拝所の地図情報☜

宗像大社沖津宮遙拝所について

沖津宮のある沖ノ島は女人禁制のため、女性が沖津宮を参拝する為の施設。
2017年7月に世界文化遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一つ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-3701 
福岡県宗像市大島

電話番号

0940-72-2007

交通アクセス

(1)大島港から徒歩で30分

基本情報を見る

西日本大社沖津宮遙拝所は、九州地域で最も古く、宗像大社ともいうべき神社があります。その名の通り、沖津宮とは、沖縄県の沖津の地にある、神社の一つです。

沖津宮は、基本的に、南北朝鮮戦争期にかけて、日本軍が沖縄に置かれた際、神社に祈祷していたお方々の葬儀に使われています。その後、日本の帝国主義によって、神社を解体しましたが、その後、日本の民間文化の中心となっていることから、その復興を図るために、沖津宮を再建しました。

沖津宮は、数多くのお墓があり、その中から、戦後の日本人の遺骨が置かれています。沖津宮は、戦後の日本人の遺骨を祈り、平和を願っている神社です。

沖津宮は、九州地域にとって、沖縄県の中心的な神社となっています。ぜひ、沖津宮にお越しください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。