神柱宮


神柱宮の地図情報☜

神柱宮について

島津荘を開いた平季基が万寿三年(1026年)にその総鎮守として伊勢大神を勧請し、都城市梅北町益貫に創建したとされ、明治六年(1873年)都城県総鎮守として現在地に遷座した。天照皇大神と豊受姫大神を主神とする神社で、家内安全、福徳開運、商売繁盛、厄除開運、無病長寿にご利益があるとされている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒885-0025 
宮崎県都城市前田町1417-1

電話番号

0986-23-1395

交通アクセス

(1)都城駅から徒歩で10分

基本情報を見る

神柱宮は、九州地域にある神社で、城下町から約1.5 km離れている。建てられたのは、明治10年(1889年)に、神柱宮として岩手県の下郷町の茂原市に置かれた。神柱は、山々を隈めた三つの柱から構成されている。神柱宮は、日本神宮としては最大級の神柱である。また、神柱宮の墓は、日本神宮の一つとして古代から祀られている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。