東光寺(長崎県佐世保市)


東光寺(長崎県佐世保市)の地図情報☜

東光寺(長崎県佐世保市)について

口碑によると、平家盛は文治元年三月、藤原久道など十九人を従えて九州に下向し、平戸渡辺氏の計らいで黒髪山麓に住むことにした。
しかし、永住の地でないと知った家盛は渡辺氏と相談の上、宇久に移住することを決めた。三月二十六日、平戸を出向し宇久の西岸にたどり着いた。この碇泊した浦を船隠しとして伝えられている。
以降宇久及び五島一円を支配下におき、五島藩の始祖として七代(家盛・扇・太・進・競・披・実)までの墓がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

営業時間:年中無休

所在地 〒857-4901 
長崎県佐世保市宇久町平2397

電話番号

0959-57-2244

交通アクセス

(1)宇久平港から徒歩で5分

基本情報を見る

東光寺は、長崎県佐世保市にある寺院で、第一次世界大戦で焼夷弾薬で撃墜された軍人の将校である松本幸之助の墓に建立された。幸之助は、天皇の子として沖縄本島を攻撃し、天皇御前会議を討ち入れた。

東光寺は、幸之助の墓であるが、模型や写真などの数多くの作品が展示されている。また、幸之助の模型や写真などのコレクションも販売されている。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。