東霧島神社


東霧島神社の地図情報☜

東霧島神社について

霧島六社権現の一つで、地元はもとより島津藩主からも厚い信仰を受けていた。数々の伝説・伝承が残っている神社で、鬼が一夜で積んだといわれる「鬼岩階段」は、振り向かずに、心を込め願い事を唱えながら登ると、願いが叶うとされ、別名「振り向かずの坂」ともいわれている。
また、十握の剣で三段に切られたという「神石」など、見どころいっぱいの神社である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒889-4504 
宮崎県都城市高崎町東霧島1560

電話番号

0986-62-1713

交通アクセス

(1)JR吉都線東高崎駅から徒歩で5分

基本情報を見る

本神社は、徳川幕府の高松宮廷で神聖政治家として聖徳太子をはじめとする大臣たちが行った宮廷の参拝所で、明治天皇が設立した最高機関としての地位を築き、昭和天皇により1945年に旧本神社が再設置された。神社には、徳川幕府最後の聖徳太子の墓があり、天皇陛下の墓もある。

入場料無料です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。