大御神社


大御神社の地図情報☜

大御神社について

日向市にある伊勢ヶ浜、日地屋城趾の隣に鎮座する「日向のお伊勢様」。伝承では、創建は伊勢神宮よりも遥か先。
海へ向かう本殿及び拝殿が、柱状節理を成す岸壁に建つ様は、日本書紀にいう「磯宮」即ち伊勢の原型、眼前の太平洋は「常世の浪を重ね浪を歸す」。境内から仰ぐ山容優美にして、その麓に「さざれ石」あり、五千年前からの龍玉あり。
境内を離れ日地屋城趾に入り、やや先に鵜戸神社とて海岸洞窟の摂社あり、祠の前より振り返れば昇龍の光あり。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒883-0062 
宮崎県日向市日知屋1番地

電話番号

基本情報を見る

九州地域にある御神社は、神武天皇の祖国となっています。建立は元明治10年に、昭和天皇の生誕100年を記念して建てられた神社です。

御神社内には、天皇の祖先の墓地があり、その中でも特に葬儀に関わる墓が多いです。また、御神社内には神武天皇の様々な神話が残っています。

御神社には、多くのファミリーが訪れるため、子供たちも楽しめるところが多いです。また、御神社の墓地には、火山灰が落ちている墓が多いので、親子で一緒に見学できるというメリットもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。