宗像大社中津宮


宗像大社中津宮の地図情報☜

宗像大社中津宮について

大島の西岸にあり宗像三宮の一つで、次女神である湍津姫神(たぎつひめかみ)をお祀りしている。2017年7月に世界文化遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-3701 
福岡県宗像市大島1811

電話番号

0940-72-2007

交通アクセス

(1)神湊から船で25分(大島港/徒歩/5分)

基本情報を見る

宗像大社中津宮は、九州地域の聖地として栄える高層建築物である。

宗像大社中津宮は、九州の中心部にある。

宗像大社中津宮は、15世紀初頭に建てられた。

中津宮は、大社の社長室、司馬官室、指定聖堂、宗像展示室、建築物の計40個の建物が集まる。

宗像大社中津宮は、九州の中心部にある。

宗像大社中津宮は、15世紀初頭に建てられた。

中津宮は、大社の社長室、司馬官室、指定聖堂、宗像展示室、建築物の計40個の建物が集まる。

宗像大社中津宮は、九州の中心部にある。

宗像大社中津宮は、15世紀初頭に建てられた。

中津宮は、大社の社長室、司馬官室、指定聖堂、宗像展示室、建築物の計40個の建物が集まる。

宗像大社中津宮は、九州の中心部にある。

宗像大社中津宮は、15世紀初頭に建てられた。

中津宮は、大社の社長室、司馬官室、指定聖堂、宗像展示室、建築物の計40個の建物が集まる。

宗像大社中

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。