宗像大社(辺津宮)


宗像大社(辺津宮)の地図情報☜

宗像大社(辺津宮)について

宗像神を祀る全国約6200社の総社。辺津宮は宗像三女神の市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を祀る。広大な神苑には、本殿・拝殿を中心に、第二宮(沖津宮)、第三宮(中津宮)、高宮祭場、そして国宝8万点を収蔵する神宝館が点在している。2017年7月に世界文化遺産登録された「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒811-3505 
福岡県宗像市田島

電話番号

0940-62-1311

交通アクセス

(1)東郷駅からバスで20分

基本情報を見る

宗像大社は、九州地域で最も古く、僧団結成時から継承されている大社です。また、辺津宮と言われる建物があり、宗像大社が持つ貴重な保存品が多数あります。また、宗像大社には、その地域において最も古い宗派の僧院があります。

宗像大社は、貴重な保存品を持つ大社ですが、その中でも特に古いものが多く、多くの方々に見て頂くことができます。ぜひ、宗像大社にお越しください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。