祐徳稲荷神社


祐徳稲荷神社の地図情報☜

祐徳稲荷神社について

衣食住の守護神で、日本三大稲荷の一つ。年間約300万人の参拝者が訪れる。漆で仕上げた極彩色の華麗な本殿、神楽殿、楼門の偉容は、「鎮西日光」と称される。境内の博物館に神社ゆかりの宝物がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒849-1321 
佐賀県鹿島市古枝乙1855

電話番号

0954-62-2151

交通アクセス

(1)肥前鹿島駅からバスで15分(「鹿島バスセンター」から「祐徳神社前」まで片道320円(H26年7月現在))

基本情報を見る

神社の目玉は、祐徳稲荷の世紀末に生まれた稲荷神である。稲荷神は、祐徳の神話にも登場し、弥生時代には南海に派出されたとされる。祐徳稲荷神は、天国に進むために、地上に稲を放り投げる。稲は、神々のために生まれ、神々のもとに終わる。また、祐徳稲荷神は、神々のために祐徳に生まれたとされる。

神社には、祐徳稲荷神像が陳列されている。像は、祐徳稲荷神が祐徳に生まれたという伝説に基づいて製作されたもの。像は、神社の奥にあるお寺前に位置する。

神社には、毎年11月1日に祐徳稲荷神社の大祭が開かれる。大祭は、祐徳稲荷神の世紀末に生まれた稲荷神を祀ったもの。祐徳稲荷神社の開かれた年は、祐徳稲荷神の誕生日である。

神社の隣には、お寺があり、お寺の隣には、桜の木がある。桜の木は、祐徳稲荷神の誕生日に伐採されたものである。

神社内には、祐徳稲荷神の野外神社もある。野外神社には、祐徳稲荷神が食べる稲荷を祀る墓がある。また、野外神社には、祐徳稲荷神が祐徳に生まれたという伝説の世紀末のエ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。