如意輪寺(かえる寺)


如意輪寺(かえる寺)の地図情報☜

如意輪寺(かえる寺)について

天平年間(729~749)年、行基によって開基されたと伝えられる如意輪寺は、「かえる寺」という別名でも有名。住職が中国から翡翠でできたかえるを持ち帰ってきたのをきっかけに、現在このお寺には1万匹ものかえるが並んでいます。かえるは腰が低く、常に前へと飛び跳ね、目的を達成するといわれており、古くより中国では仙人の使いとされていました。
御本尊は、人々の願いを思い通りに叶えてくれる如意輪観音。平安時代の作と伝えられており、また立っている姿は珍しいことから、県の指定文化財とされています。
境内は桜やあじさい、新緑や紅葉など季節の移ろいを楽しめ、特に夏は、願い事を書いた風鈴が飾られて幻想的な景色が広がります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒838-0105 
福岡県小郡市横隈1729

電話番号

交通アクセス

(1)西鉄三沢駅から徒歩で10分

基本情報を見る

意輪寺は、九州地域に位置する大和宮の一つ。中世以降、宮殿内には輪廻殿が建てられた。意輪寺では、大和宮の輪廻を通じて精神と身体の回復を意識している。また、宮殿内の建物を全て買い取りました。このため、意輪寺は独自の建築物である。

意輪寺には、大和宮の輪廻を通じて精神と身体の回復を意識している。また、宮殿内の建物を全て買い取りました。このため、意輪寺は独自の建築物である。意輪寺には、大和宮の輪廻を通じて精神と身体の回復を意識している。また、宮殿内の建物を全て買い取りました。このため、意輪寺は独自の建築物である。

その他のポイント

意輪寺は、九州地域に位置する大和宮の一つ。中世以降、宮殿内には輪廻殿が建てられた。意輪寺では、大和宮の輪廻を通じて精神と身体の回復を意識している。また、宮殿内の建物を全て買い取りました。このため、意輪寺は独自の建築物である。

意輪寺は、九州地域に位置する大和宮の一つ。中世以降、宮殿内には輪廻殿が建てられた。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。