小茂田浜神社


小茂田浜神社の地図情報☜

小茂田浜神社について

文永11年(1274)10月5日、900艘の艦船に分乗した3万人の元軍が佐須浦に襲来し、守護代宗助国以下主従80騎で防戦に努めましたが、遂に全員が討ち死にしました。
小茂田浜神社には、宗助国以下、戦死した将士の霊を祀っています。
大祭:毎年11月12日

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒817-0248 
長崎県対馬市厳原町小茂田

電話番号

交通アクセス

(1)厳原港から車で40分

対馬空港から車で60分

基本情報を見る

小茂田浜神社は九州地域で最も古く、紀元前二世紀に建立された神社です。この神社には、日本一の水温がある地域です。浜神社には、浜の向こう側にある社殿があります。その近くには、浜町があり、浜町の名前を並べると、神社の名前が出てきます。浜町の名前は、浜神社が建立されたきっかけになった町の名前です。浜町は、小茂田市内にある約三十五ヘクタールの小さな町です。浜町は、漁業が主になっています。浜神社には、毎年、神輿が送られます。神輿は、浜町の中心にある大きな岩の上に置かれ、神輿屋さんに売られています。浜神社には、小さな神社がありますが、大きな神社はありません。浜神社には、大きな神社がありますが、その神社は、小茂田市内にある赤坂神社です。赤坂神社は、紀元前三世紀に建立された神社です。浜神社よりも赤坂神社が古い神社です。

小茂田浜神社は、九州地域で最も古く、紀元前二世紀に建立された神社です。この神社には、日本一の水温がある地域です。浜神社には、浜の向こう側にある社殿があります。その近くには、浜町があり、浜町の名前を並べると、神社

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。