和多都美神社


和多都美神社の地図情報☜

和多都美神社について

仁位浅茅湾の東岸,彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)をお祀りしています。
本殿の裏手の社叢は長崎県指定天然記念物で、広大な原生林であり、古代祭祀が行われた磐座があります。海岸に聳える海鳥居の奥、海底には龍宮の門があるという伝説もあります。創建は定かではありませんが、阿曇氏が創建に関わっており、宮司は代々、対馬阿曇氏の末裔が世襲しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:9:00~17:00(12:00~13:00除く)

休業日:外祭、兼務社例大祭時。それ以外は毎日、社務所開放。御朱印有り

所在地 〒817-1201 
長崎県対馬市豊玉町仁位字和宮55

電話番号

交通アクセス

(1)対馬空港から車で30分

(2)厳原港から車で45分

基本情報を見る

九州地域には美神社が多数存在し、その中でも有名なのが多都美神社。

多都美神社は、九州四国にある美神社の中でも最大級の広さを誇る美しい社殿と神社建設を行っている。

多都美神社の社殿内には、日本の神話や神道に基づく伝統的な建築物が多数掛かっている。

多都美神社は、三日月の八法神社や太陽の十神社などの神話に基づく神社として有名で、多都美神社では三日月の最初の日を「三日月の八法神社」と呼んでいる。

多都美神社は、神道文化を中心とした旅行を行うことができる。

また、多都美神社には、毎年9月に行われる「九州四国美術祭」がある。

多都美神社は、日本国内外において活躍する美神社であり、日本神話や神道に基づく伝統的な建築物などを見ることができる貴重な美術館である。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。